2014年5月30日金曜日

海外から見た日本 《第7回工藤徹也, Tetsuya Kudoh, フィンランド》

こんにちは。
フィンランドは、夜の10時くらいまで明るい日が続いていて、一番楽しい季節です。12月には昼間の3時すぎに暗くなっていたことが信じられません。
5月の初めに、Vappuというフィンランド最大のお祭りがありました。学生のお祭りで、ヘルシンキ全体で学園祭をするようなものです。一週間以上前から、連日連夜キャンパス内でパーティーが繰り広げられていました。当日は、町に住んでいるほとんどの人がセンターに集まって、まさにすし詰め状態でした。東京の雰囲気に近いものを感じつつ、フィンランドで唯一のお祭りを楽しみました。
老若男女、多くの人が集まります
このお祭りの日から、白い帽子(高校を卒業した印)をかぶります
ヘルシンキ大聖堂の階段も人だらけ

さてさて、今回はフィンランド人が持っている日本のイメージについて執筆したいと思います。

○日本人、愛されていますよ
「日本から来ました」というと、「おおー、すごいねぇ~。こんにちは!」なんて返事が返ってきます。「ニーハオ」とか、「オッパ、カンナムスタイル」なんて呼びかけられることもありましたが(笑)
いやなイメージを持たれることはめったにないし、真面目で勤勉な人たちって思われています。
公共図書館にマンガが20種類くらいも並んでいたり、日本のゲームやアニメを楽しんでいる人もたくさんいたり、ジブリ映画が人気だったりします。
「10年間アニメだけで日本語を勉強したよ!」と流ちょうな日本語を話す大学生もちらほら。
日本に興味を持っている人が多くて、
「井上真央と松本潤が付き合っているんだって!!
というのを彼女たちから聞いたのが、最近ビックリしたことです。

○日本の食文化は素晴らしい

フィンランド人に知っている日本食を聞くと、たいてい「すし!!!」という返事が返ってくるのですが、「ほかに何か知ってるの?」ときくと、「うーん。。。知らない!」
日本人はしょっちゅうお寿司を食べているという勝手なイメージを持たれていて、ほかのおいしい料理はあんまり知らないんですね。。日本に行ったことがある人たちは、「お好み焼き!」「抹茶アイス!」などなど知られていますが。
ヘルシンキの日本食レストランの一つに、「ガイジン」という名前のお店があって、日本食が食べられます。ただ、そこなんと、、、ラーメン一杯27ユーロ!4人で食べたら軽く一万円が飛んでいきますね。おしゃれなレストランですが、ラーメンにそこまでお金はかけられませんよね。

○日本人は真面目で勤勉
私は、日本の大学では化学を専攻しています。高専、大学と、カリキュラムはとても厳しいものだったように感じます。私の周囲の学生について、フィンランドと日本を比べると、日本人の方がよく勉強しているように思います。最悪だったころ(笑)は、勉学のために睡眠時間を削った時期もありました。競争が激しく、全てを全力でこなす必要があったように思います。
昨年大学を定年退職された先生の話で、印象に残った言葉が、
「私は団塊の世代でありましたので、生まれた時から墓場まで全てが競争であり、気がついた時には定年を迎えておりました。」
こういった先人たちが、日本人の真面目なイメージをつくり上げてくれたんだなぁと思います。


なんだかんだ言って、日本の文化は胸を張って誇れるものがたくさんありますね!
ではまた!


0 件のコメント:

コメントを投稿