2014年3月2日日曜日

留学ライフ《第6回 押尾有理香,Yurika Oshio イギリス》

ここ数日の私生活といったら、パリ旅行で買ってきた乾燥キノコの使い方が最大の関心事というあまりにも平凡かつ地味すぎる生活をしているのでブログに何をかいたらよいのかといった感じがしますが…
そうですね…一つだけ日本にいるときと今ロンドンにいるときで大きく違うことが!
それは、「外出や外食をいっぱいしていろんな経験をしたりいろんな人に会ったりしていること」ですね!!!!!いや~これが日本だと両親(主に母(笑))に心配をかけるので頻繁に出歩くのは気がひけるんです(その点一人暮らしっていいですね!笑)。
ということで私のロンドン在住、外出・外食・人との出会い自慢をしようと思います\(~o~)/!

ロンドンといえば、やっぱりミュージカルに行かないわけにはいきませんよね!ロンドンでは日本のミュージカルよりも上演頻度も多い上、チケットの価格も安いのです。これまでに観たのは「レ・ミゼラブル」と「オペラ座の怪人」の2本。
ピカデリーにあるQueen's theatre
 レ・ミゼラブル」は劇中でお気に入りの曲があるので絶対に行きたかったのです…!片思いの登場人物が歌うon my ownという曲で、舞台俳優がその場で歌っていると切なさがよく伝わって感動しました(とてもいい曲なのでぜひ聞いてみて下さい!この曲はあのスーザンボイルがx-factorで歌って一躍有名になったものでもあります!!)。
オペラ座の怪人」…こちらで印象に残っていることは「最前列」だったことです。友人3人と見たのですが、ミュージカルオタクの友人が劇で落ちてくるシャンデリアが近かったということだけで異常な興奮(なぜ?!笑)を示し、演出で火炎が出たときは4人とものけぞる(全員「あっつ!」となったのです笑)というテーマパークのアトラクションに行ったかのようなことが起きたことは忘れられません。最前列、ぜひ体験してみて下さい。
さて外出自慢が終わったので次は外食自慢をしたいと思います。「え、イギリスで外食自慢?まずいはずでしょ?自慢になるの?」といわれてしまいそうですが、実際は結構おいしいレストランはいっぱいあるんですよ!でも残念ながらイギリス料理ではありません!笑(イギリス料理はダメかもしれませんが(笑)、その分ロンドンでの外食はレベルが結構高いんです(おそらく))そこで、あーここは来てよかったー!というレストランをいくつか紹介したいと思います!
ベトナム人の友人がアルバイトをしている、本格ベトナム料理店です。フレンチ?!イタリアン?!というくらいオシャレな雰囲気のお店で、料理もおいしいです。フォーはレモングラスが効いていてさわやかで、揚げ春巻きも甘辛いチリソースとぱりぱりの皮が相まって、とても美味しかったです。


そう!お寿司です!ロンドンでお寿司を食べたのです!これは6か月半ぶり以上に食べるので感動のあまり大騒ぎ、写真も撮りましたし、今ですら思い出してにやにやしちゃってます。このお店のすごいところは、入った瞬間に「あ、日本の居酒屋だ!」と思わせる具合の日本人の多さと黒い樫の木・白い漆喰の壁でできた内装で、しばらくいると「ここのドアを出たら浅草なんじゃなかろうか」という錯覚にまで陥ることです。すごいです。メニューも居酒屋!という感じで、焼き鳥なりから揚げなりがあり、そしてお寿司までありで、「あ~和食最高!」となって、お酒も一層おいしく感じます。

フラットメイトがおすすめしてくれた、私の寮からほど近いイタリアンのレストランです。お店の雰囲気はカジュアルで、内装はスタイリッシュでとてもきれいでした。バイキングのような感じで、あれこれ注文してお皿にとってもらって、計量して支払うといったシステムもまた少し新鮮でした。ここのごはんはおいしいし、たっぷり食べられるんです!私はラザニアを食べましたが、中のあん(?)の味といったら…!パスタももちもちでした。22時以降は店内がバーのような雰囲気になるのもまた素敵でした!

最後に自慢しておきたいこと…それは人との出会いです。外国人の友人や自分と同じ日本人留学生との出会いは予想していたのですが、ひとつ全く予想していなかった出会いが多くありました。
それは日本人の社会人の方との出会い!
企業派遣・官僚派遣でMAMBAをなさっておられる方や、現地駐在をなさっている方など本当にいろんな社会人の方がいらっしゃいます。そんな人生の先輩方のお話を聞けるのは本当に贅沢です。今までどんな経験をされていたのかというお話は新鮮で、「あの身近なものにはこの人がかかわっていらしたのか!」と思うと、かっこいいな、あこがれだな、という気持ちが湧いてきます。私もそういう人になりたい!と思うと同時に、ロンドンはこんな機会をくれる場所なのか!と感じさせられました。

 
これで私生活のお話(自慢話)はおしまいです。お付き合いくださってありがとうございました!


0 件のコメント:

コメントを投稿