2014年2月15日土曜日

Vacation 《第4回 川守田智 Satoshi Kawamorita スイス》

ETHでは,12月21日から,2月16日までの2ヶ月間が”授業のない日”です.実際にはこの間,1月7日から2月16日までは試験期間とされているので,試験勉強もあり,おちおち休んでもいられません.僕も実際休みとして過ごしたのは年末年始の2週間と,試験が終わってから次学期が始まるまでのの1週間半程度でした.休み中はスイスのあらゆるウィンタースポーツを思いっきり楽しみました.
 オフピスト(非圧雪の場所をすすむ)スキー
アイスクライミング
スレッジング(そり)
(※スキー用ゴンドラで登って標高2000mから1000mまでそり専用コースを一気に下る,スイスでは大人もはまるスポーツ)
 クロスカントリースキー

このように,スイスの田舎で休暇を満喫していたのですが,元旦の夜,怪物たちが滞在していた村を襲いました.
  怪物たちは,無造作に人々を雪の中に投げ込みます.僕も雪まみれになりました.無病息災を願う意味があるとか.なんだか,なまはげの文化に似ていてとても興味深い伝統でした. 


 休暇中にはスイスのほかに,オランダ,スウェーデン,フランス,スコットランドを訪れました.このうち3カ国で友人の家に泊めてもらいました.留学でヨーロッパ中に友達ができてこその旅行でした.ホステルに泊まる普通の旅行と違って,家に泊まるとその国の文化に直に触れることができる気がします.
 フランスのお宅はフォンテーヌブローの森の脇に数百年前から建つという非常に歴史のある古い家で,ワインや食事に気をつかうのがフランスらしかったです.クリスマスを過ごしたスウェーデンの家庭では,グリューワインを飲んで,クリスマス伝統のディズニーの特番を見て,スウェーデン語のドリンキングソングを歌いながら食事をして,プレゼントを交換して,深夜にミサに行くという伝統的なスウェーデンのクリスマスを体験できました.家のインテリアの洗練さと快適さは群を抜いていました.
スコットランドでは10年来のスコットランド人の友人たちと朝10時から(!)パブを4軒はしごして,夜はサッカー観戦.
どの国でも表面的な観光地ではなく,地元の人とローカルな文化に触れることができたのは留学してこそできたものだと思います.今回,心からのおもてなしを受けたので,彼らが日本に来るときは僕も精一杯のおもてなしをしたいと思います.


またこれらの国々では,僕の専門分野の土木工学の名作も見てきました.

 低いオランダの国土を守る締め切り大堤防「アフスラウトダイク」 

スコットランドのフォースブリッジ

短い休みでしたが,密度の濃い多くの思い出をつくることができました.以上,僕のVacationでした.充電期間も終わったので,また新学期に向けて心を新たにして頑張ります.

川守田智


0 件のコメント:

コメントを投稿