2014年2月21日金曜日

留学ライフ《第6回 古橋櫻子,Sakurako Furuhashi イギリス》

こんにちは!

まだまだにわか雨が降る日が多いですが、先月に比べれば日の入り時刻が遅くなり、スイセンなどの色あざやかな草花が咲き始め、春の訪れを予感しています。
絵になる子供たち

今回は寮生活と平日・休日の過ごし方を一例として簡単に紹介します。

私はSOASの学部生寮で生活しています。ハリーポッターの9と3/4番線の舞台としても有名なKing's Cross Stationから歩いて5分弱の好立地で、国内はじめヨーロッパの国々に旅行へ行くときも大変便利です。
私には5人のフラットメイト(中国・イギリス・アメリカ・スペインとレバノンのハーフ)がおり、キッチンのみ共用しています。冷蔵庫以外に各自が食材などを収納している棚があり、それぞれの特徴がよく表れているので一部を写真で紹介します。
スペインとヨルダンのハーフのフラットメイト。さまざまな国の調味料があります。
イギリス人フラットメイト。やっぱり紅茶は欠かせないようです。
中国人フラットメイト。よくチャイナタウンに買い物に行ってます。
リンゴにピーナッツバターに…?
アメリカ人フラットメイトは大の親日家で、わかめを買っています。先日は海苔を立って食べていて、思わず笑いました。大阪に短期語学留学していた経験があるので、2人で話すときは日本語と英語を使います。

さて、私の棚です。まったく日本人らしさが表れてませんね。すみません。留学中日本食が恋しくなる、という話を聞きますが、私は食べたいと思うことが不思議なほどにないので、各国料理パーティーやリクエストされる時以外は日本食を作りません。ロンドンにはジャパンセンターなど日本の食材が簡単に手に入るお店やラーメン、お寿司などの和食屋さんもたくさんあります。ですが、他の食材やお店よりも比較的値段が高く、買おうという気持ちになりません。せっかくイギリスという異国にいるのだからサーモンなど現地の美味しい食材を使って食べたい、という気持ちの方が強いです。料理は気分転換できますし、外食は高いので基本的に毎日自炊しています。スーパーに行って安い食材を買い集め、その中から組み合わせて料理しています。先日は初めてラザニアを作ってみました。最初は出会ったことのないコンロに少し戸惑いましたが、今はすっかり慣れて料理も生活の一部として楽しんでいます。
定番のパスタとサラダ
 

未知との遭遇

留学前から、留学経験のある友人たちに「フラットメイトとの相性は大事」「冷蔵庫を開けっ放しにされて食材が腐った」「食材や食器を勝手に使われる」などの話を聞いており、最初は不安でした。が、全員優しく綺麗好きな子が多く、何もルールを作らなくても調和が保てています。むしろ、食器を洗っておいてくれたり、キッチン用具を貸してくれたりと、私がお世話になっています。大学生活においても、みんなオンとオフの切り替えがはっきりしており、見習いたいと常々思っています。
危うく踏むところだったフラットメイトからの素敵なお手紙

平日は毎日リーディング課題と宿題に追われているので、授業が終わったら図書館か寮に帰ることがほとんどですが、夕方Burma Society(日本のサークルのようなもの。SOASには世界各国のSocietyがあります。ビルマはなかったので勇気を出してつくりました)の活動に参加したり、大学で開かれる特別講義に出席したりもしています。
先日は教授含め20名程度で集まり、友人宅でSocietyのパーティーを開きました。私は学園祭(外語祭)で作ったビルマ料理の一品を作って持って行きました。

参加者一部。
見事にシャッターチャンスを逃しました

休日は余裕があれば美術館やギャラリー、博物館に行ったりパブに行ったり寮でパーティーを開いたりします。先日は友人とハリーポッターのスタジオツアーに行ってきました。これからは気候が温暖になり過ごしやすくなるので、もう少し足を伸ばして色々な場所を訪れたいと思います。
Tate Modern前




0 件のコメント:

コメントを投稿