2014年2月5日水曜日

授業の様子《第5回 工藤徹也,Tetsuya Kudoh フィンランド》

こんにちは!
フィンランドは、マイナス10℃くらいの天気が続いています。もうこの気候にも慣れてしまいました。

さてさて、今回のテーマは「授業の様子」ですね!
昨年の11月にも投稿したとおり、私はIndustrial Engineering and Management学科(経営工学みたいなものです)に所属しています。マーケティングなど、経営学に関する授業やフィンランド語の授業とともに、Product Development Projectと呼ばれるコースを主に履修しています。

○グループワーク
ほとんどの授業が4、5名のメンバーから成る授業が多く、講義時間だけでなく休日もグループメンバーで集まって、課題をこなすこともあります。例えば、コカコーラやアップルといった有名企業の経営を分析するといった内容です。留学生が履修する科目はある程度限られているので、グループの国籍もさまざま。これまで履修してきた授業で同じグループになった人たちは、フィンランド、スウェーデン、ロシア、ドイツ、オーストリア、スペイン、スロバキア、ブラジル、イラン、シンガポール、オーストラリア、中国、韓国などなど、、、いろいろな国から来ています。グループワークがあると、すぐに仲良くなれますよね!

○Product Development Project
Product Development Projectでは秋学期に引き続き、(カプセルホテルのような)宿泊施設のプロトタイプの作製に向けてグループメンバーで議論、研究、実験を重ねています。デザイン専攻のメンバーを中心に議論して内装を決めて、電気工学専攻のメンバーが照明のテストをしたり、プロトタイプを作製するプラスチック工場を見学したりと、プロジェクトが本格的に進んでいます。
また1月の半ばに、フィンランドの通商産業大臣たちがプロジェクトを視察し、ラジオと新聞で報道されました!興味を持ってくれる人がいるので、グループのモチベーションも高いです。
プロジェクトの様子が新聞で紹介されました^^
ただ、フィンランド語なので読めません(笑
残りの留学期間もあと4か月ほど!ゼロから始まって、実際のスケールで製品を開発できるという本当に面白いプロジェクトに携われているので、最後まで頑張っていきたいです!

それでは!


0 件のコメント:

コメントを投稿