2014年1月13日月曜日

Vacation 《第4回 大場隆祥,Takayoshi Oba アメリカ》

あけましておめでとうございます。
冬休みはメキシコ、グアテマラ、NYに行ってきました。クリスマスはグアテマラ、新年はNYで過ごしました。今回の題材はvacationとのことなので、メキシコ、グアテマラについて書きます。

書きますと言いましたが、旅行の紹介なので写真メインでいきます。

まずはメキシコ一美しい街並みと言われているグアナファトの街並みから!
丘から見た街の全景。夕陽が沈むにつれて、刻々と変わる街の色には言葉が出ませんでした。そして、夜景もまた美しかったです。ただ、現地人カップルが夜になるとぞくぞくと丘の上にやってきて、ひとりぼっち感を感じずにはいられなかったのでそそくさと退散しました笑


この街自体はコンパクトにまとまっていて、2、3時間も歩けば街を一周できました。ただ、何度同じ場所を歩いても飽きが来なかったので、結局3日間毎日散歩ばかりしていました。そして、グアナファトは昔銀鉱山で栄えた街(世界の銀の3分の1を産出していたとのこと)で、街のいたるところに昔のなごりで地下通路がありました。今でも立派に使われています。グアナファトではスペイン語学校に通う人達と仲良くなったおかげで、クリスマスパーティにも参加させていただいたりして、かなり思い出の場所となりました。

このあともメキシコの街をたくさん回ったんですが、文章だらだら書くのもなんなので写真で簡潔に紹介します。
メキシコシティのソカロ(広場)にあるカテドラル
世界最大のサッカー専用スタジアム。マラドーナの神の手もここで生まれました。
スタジアムに行ったら、中に入れてくれました。さすがメキシコ笑 
世界で3番目にでかいピラミッド。アステカ文明時代に築かれたテオティワカン。でかかった。
オアハカという町の近郊にある南北アメリカ大陸で一番大きな木。これもまたでかかった。
マヤ文明の1つパレンケ遺跡。天気も良く、眺めは最高でした。
陸路での国境越えについて紹介したいと思います。今回、メキシコ⇔グアテマラは飛行機は使わずにバス(というかミニバン)で移動しました。実際には、メキシコとグアテマラの国境は川なので、ボートに乗って国境を超えました。フェリーで国境を超えた経験はありましたが、数人乗りのボートで国境を越えたことはなかったのでワクワクしましたね。陸路で国境を超えると、その2つの国の違いがはっきりとわかります。 文化であったり、言語であったり、人種であったり。まあ、今回はどちらの国もスペイン語で人種もほぼ一緒だったわけですが笑
 グアテマラに入って気付いた大きな違いは、ついさっきまでメキシコでは舗装されていた道がグアテマラでは舗装されてないことでした。国の豊かさの違いが一目で分かる瞬間でした。ただ、豊かな自然がどこまでも広がっていて、近代的建物がまったく見当たらない景色はとても新鮮でした。島国でどこの国とも繋がっていない日本に住んでいると、飛行機を使ってどこかの国に行くのが当たり前ですが、自分の足で歩いて国境を越えることは旅行の大きな醍醐味の1つだと思います。おすすめです!!!
国境を越える時に使ったボート
グアテマラのイミグレーション。もはやただの小屋笑
延々と続く1本道。数時間何もない景色が続きました。
最後にグアテマラのマヤ文明最大最古の遺跡、ティカル遺跡。
他のマヤ文明の遺跡に比べてあまりにもアクセスが悪いので、他の場所に比べて明らかに観光客がいませんでいた。あまり人がいない分、雰囲気があって行く価値オオアリの遺跡です。

ティカル遺跡はとてつもなく広かったです。敷地に入っても、遺跡1つ見当たらない茂みの中を10分、15分歩かされます。歩いていると林の中からゴソゴソ音がして若干恐かったです。遺跡内は動物がたくさんいてたまにヒョウも出るとか笑 そして、茂みを抜け出すと同時に突然神殿(ピラミッド)が現れます。遺跡内には5、6個神殿があり、一番高い神殿からの眺めは素晴らしいの一言。天気が良ければなおよしだったのだろうけど笑 そして、どこまでも続く密林の樹海の中から神殿が頭を突き出している景色は圧巻でした。一面にかかった雲が神々しいというか、神秘的でした。正直陸路でグアテマラまでわざわざ行くか迷ったし、移動も相当過酷できつかったですが、この一瞬で全部報われた気分になりました。
あと、ティカル遺跡の神殿の頂上でたまたま日本人夫妻にお会いしました。30年前にもここを訪れたらしく、いろいろ話を伺いました。街は観光地化が進み、30年前と様変わりした面もあると言ってましたが、この樹海の景色は今も昔も変わらないとのこと。自分もいつかまた来れたらいいなと思うほど、素敵な場所でした。
ティカル遺跡内の密林part2
ティカル遺跡内の密林part1
密林の小道から突然姿を現す1号神殿
こんな急な階段誰が登れるかと思わずにはいられなかった3号神殿
一号神殿とその広場
4号神殿からの眺め
少しだけ天気がよくなってジャングル全体が見渡せるように。
グアテマラのフローレス島でみた夕陽。この旅のNo.1だった
魅惑のカリブ海。何も期待せずに行った反動で、あまりの綺麗さに衝撃を受けた笑。

冬休みはアメリカ国内を回るという選択肢もありましたが、結果的にメキシコグアテマラに行って良かったです。アメリカにはない文化を感じたのはもちろんのこと、アメリカ再入国時に新たな気持ちで帰って来れたことは大きいかなと。留学したら外から日本を見ることができるとよく言いいますけど、同じように外からアメリカを見て考える良い機会になった気がします。明日から新しいセメスター始まるんで、頑張ります。
では。




0 件のコメント:

コメントを投稿