2014年1月8日水曜日

Vacation 《第4回 藤岡直樹,Naoki Fujioka イギリス》

あけましておめでとうございます。
今回は、休暇についての投稿です。
普段の休日のことを書いてもつまらないと思うので、休暇中の旅行について書きます。

SOASには1学期の真ん中にReading Weekという授業がない1週間があります。
これまでに読み切れなかったReadingを読んだり、Essayを書いたりするための休みです。
ただ1週間ずーっと勉強でも飽きてしまいます。
たまには息抜きも必要ということで、前回のReadung Week中、友人と1泊2日で世界遺産をめぐる旅行に行ってきました!
建築は白が基調
The Circus
Royal Crescent
まず訪れたのがBath
ローマ時代に温泉の街として栄え、「温泉」の語源にもなったのだとか。
ロンドンから電車に揺られること1時間30分。
ダーク・カラーがメインのロンドンとは対照的に、ハチミツ色の建物が多く、きれいな街並みでした。
そして、偶然にもイギリス王室の方(誰かは忘れました 笑)を見ることもできました!
The Roman Baths, とってもきれいでした
温泉を飲むこともできます(マズイです)
イギリス王室の列
ハチミツ色の建物と緑がよく合います
続いてはSailsburyへ。
あの世界遺産ストーンヘンジ観光の起点になる街です。
鉄道の駅から、きれいな田舎風景を楽しみながら、バスで30分くらい行った所にストーンヘンジはあります。
広大な草原の中に佇むストーンヘンジ
ストーンヘンジそのものに加え、
まわりの風景もすごくきれいでした
やはりロンドンと比べるとどの街も見どころは少ないです

そして、12月中旬からのクリスマス休暇中は、日本から友人が遊びに来てくれていたので、2泊3日で小旅行に行ってきました!
行き先はBirminghamOxfordです。
Birmingham Museum と Town Hall
Birminghamには奇抜なデザインの建物が多くありました
運河
クリスマス直後で、どの教会も装飾がきれい
写真に納まりきらないくらい大きい教会
Birminghamはイギリス第2の都市と言われますが、街の規模も、見所もロンドンには遠く及びません。
Birminghamを訪れたことのある友人にはつまらない所だと聞いていたのですが、思った以上に楽しむことができました。
歴史的な名所は少ないですが、ロンドンにはない大型のショッピングモールがあり、いろいろなお店を見て回ることができました。
特にクリスマス後のこの時期は、セール合戦。
ブランド物も50%OFFが当たり前で、ポンド高に苦しむいまでもとてもお買い得です。
これが、ホグワーツの食堂のモデル
OxfordはBirminghamと対照的にのどかな雰囲気
Christ Church
イギリス料理 Fish & Chips
Birminghamに1泊した後、バスでOxfordへ。
冬の今は4時にもなると暗くなってしまうので、この日はChrist Churchだけ見学。
ハリー・ポッターに出てくるホグワーツの食堂のモデルになったことで有名な所です。
映画の中よりは圧倒的に小さいですが、その雰囲気は魔法学校のような感じで、肖像画や装飾がきれいでした。
夜はこちらに来て3か月目にして初めてのブリティッシュ!
定番のフィッシュ・アンド・チップスとパイを食しました。
料理がマズいと言われるイギリス。
しかし、ケチらずにお店を選べばそれなりに美味しい所はたくさんあります。
それのしても、これほど長い歴史を持つ文化大国が、豊かな食文化を持たないのか不思議です…。
British Breakfast
皇太子さまが勉強されていたMerton College
静かな街です
宿泊先のホテルでは、ブリティッシュ・ブレックファストが出て、イギリスの味を制覇した気分です 笑。
最終日は1日街をブラブラしていました。
Birminghamとは打って変わって、さすが観光地であり、大学の街。
日本人をはじめ、アジア人観光客も多く見かけました。
歴史ある街ということで、きれいな街並みです。
教会やカッレジも、装飾が美しく、またロンドンとは違った楽しさがあります。
まあ、正直なところ、そろそろキリスト圏以外の文化に浸りたい気分なのですが…笑。
それでもOxfordはイギリスに来た際には行く価値ありだと思います。
ロンドンからであれば日帰りも可能ですし。
University Church of St. Mary the Virgin
British Libraryに次ぐ蔵書数を誇るBodleian Library
なんでもかんでも詰め込まれた博物館Pitt Rivers Museum
こんなかわいい建物も
Reading Weekと冬休みでだいぶイギリス南部・中部は周ることができました。
帰国したらたぶん当分イギリスには来ないと思うので、いまのうちにいろいろな場所を訪れておきたいです。
もちろん勉強をしっかりした上で。


0 件のコメント:

コメントを投稿