2013年12月2日月曜日

カルチャーショック 《第3回 神野省吾,Shogo Jinno カナダ》

 留学生活が始まってからもう3カ月が過ぎました。今回のテーマはカルチャーショック!3カ月という短い期間ではありますが、いくつか驚いたことがあるので、それらを紹介していきたいと思います。

 1.何もかもが大きい!

 これはカナダやバンクーバーに限ったことではなく、北米全般に言えることだとは思いますが、とにかく身の回りの物が大きいです(笑)
 スーパーで4リットル入りの牛乳を見かけるし、カフェでコーヒー頼んでもミディアムで十分な量あります。食べ物・飲み物が大きいのはもちろん、衣料品も大きいです。カナダのローカルブランドである「Roots」の服を買いに行ったときのこと。
 
 僕「このセーターのMサイズありませんか?」
 店員さん「すいません、今お店にあるのはXSだけです。」
 僕「そうですか。日本だと普段Lサイズを着てるので、Mサイズがちょうどいいと思ったんですけど」
 店員さん「うちのブランドはサイズ感大きいから、XSでも行けると思いますよ」
 僕「はあ。」
 さすがにXSは小さすぎるだろ、と思いながら試着してみたところ、ピッタリでした(笑)
 恐るべしサイズ感。

 2.多少の雨なら気にしない
 こちらは、バンクーバーならではのあるあるかもしれません。
 皆さんもご存じのようにバンクーバーはよく雨が降るのですが、現地の人は多少雨が降っているくらいでは気にしません。フードをかぶって傘を差さないのが彼らの雨のしのぎ方です。
 とはいっても留学生を始め、現地以外からバンクーバーに来ている人は傘を使うので、雨の日のキャンパスを見回すと、傘を使っている人とそうでない人が半々くらいという感じです。
 ちなみに、フルタイムでUBCに通っている友人にこのことを話したら「一年目は現地の人が傘をさしてないのに気が付いて、一時期傘を使うのやめていたことがある」と言っていました。でも、雨ざらしだと服が傷むからといって、今では彼も、もちろん僕も躊躇なく傘を使っています(笑)。

 3.カード社会
 あまり現金は持ち歩かずに、カード払いですませるというのが一般的な気がします。個人的には日本に居たときにもカードをよく使っていたのでそこまでの驚きはないかと思ったんですが、それでも驚きました(笑)。高額な買い物の場合はもちろん、コーヒー一杯でもカード払いしている人が多いです。1ドル2ドルくらい現金で払った方がむしろ楽だろうと思ってしまいそうですが、コインをもちたくないor毎回カード払いなのでそもそもコインを持ってないという事情もありそうです。

 それでは今回はこの辺で。読んでいただきありがとうございました。 


0 件のコメント:

コメントを投稿