2013年9月25日水曜日

自己紹介・プロフィール《第1回 小嶋伸弥,Shinya Koijma アメリカ》


 はじめまして!早稲田大学機械科学専攻 修士1年の小嶋伸弥です。8月からアメリカのアリゾナ州立大学に留学しています。8月のアリゾナは毎日40℃を超える暑さで、徒歩で迷子になって手持ちの水が無くなったら死ぬかもと思うほどでしたが、最近は涼しくなり基本的に毎日晴れているのでとても快適です。



 日本の大学では空気力学の研究室に所属しており、航空宇宙工学に関して勉強しています。世界の航空宇宙産業をリードするアメリカは、これらに関する授業も非常に充実しています。こちらでは授業を通して専門について深く学んで、帰国後の研究に大いに還元できればと考えています。

 留学を志したきっかけとしては、自分の専攻している分野の勉強には魅力を感じてやってきたが、そのまま日本で大学院まで出てメーカーに就職して田舎で働くという機械科での一般的なキャリアが見えすぎてしまい、一度外から現状を眺めて多様な価値観に触れて将来の軸について今一度考えたいと思ったことが大きいです。実際にこちらに来てみて、日本では地味なイメージのエンジニアですが、こちらではクール、スマートというイメージもあるように感じるし、日常生活を通して日本とこちらでは同じ値段の物でも日本の物のクオリティーの高さを痛感して、日本のエンジニアリングについて見直せています。将来的には日本の会社でものづくりを学び、世界を舞台に働けるエンジニアを目指しています。

 また小学生の時から大学までアイスホッケーをやっていたので、本場で観戦できることを楽しみにしています。アリゾナは砂漠地ですが一応プロチームがあるようですので見に行きたいと思っています。(人気はないようですが笑)



0 件のコメント:

コメントを投稿