2013年8月28日水曜日

自己紹介・プロフィール《第1回 藤岡直樹,Noki Fujioka イギリス》

みなさん、はじめまして! 
国際基督教大学(ICU)教養学部3年の藤岡直樹です。 
ICUでは国際関係学メジャー)と開発研究(マイナー)を勉強しています。
具体的には、東南アジア、特にシンガポールの政治体制と経済発展に関する研究をしていきたいと考えています。
僕はこの9月から14年6月まで、School of Oriental and African Studies, University of London (=SOAS, ロンドン大学東洋アフリカ学院)というイギリスの大学に交換留学します。 
現地では開発学を中心に、東南アジアのことを深く勉強していきたいと思っています。
たぶん「SOASなんて大学、初めて知ったよ!」という人も多いかと思います。 
というのも、SOASはその名の通りアジア・中東・アフリカの地域研究に特化した特殊な大学であるからなんです。
たしかに同じロンドン大学のLSEなんかと比べると知名度の低いSOASですが、その研究は世界的にも高い評価を受けています。
また世界各国からの学生が集まる国際色豊かな大学でもあります。 
そのような環境が開発学と東南アジアの政治を専門とする自分にとってピッタリだったことが、SOASを選んだ1番の理由です。 
加えて、ロンドンの中心部に位置すること、小規模(undergraduateは約3000人)な雰囲気がICUに似ていたことなども決め手の1つになりました。
わずか9ヶ月ほどの短い期間ではありますが、やりたいことは山ほどあります。
学問的な専門性を深めていくのはもちろん、周辺国を旅して自分の見識を広めたいですし、また様々なバックグラウンドを持つ学生が集う場なので友人のネットワークも広げていきたいです!
そして、今回の留学で僕が見て、知って、学んだことをこのブログでシェアし、みなさんが留学や開発学、東南アジア、イギリスなどに興味を持つきっかけになれればと思います。
ちなみに写真は2012年春にシンガポールを訪れた際に撮った写真です(イギリスじゃなくてゴメンなさい…笑)。
個人的なブログもやってますので、こちらもよろしくお願いします!


0 件のコメント:

コメントを投稿