2013年8月5日月曜日

自己紹介・プロフィール《第1回 今井南海,Minami Imai フランス 》

はじめまして!
大学3年生の今井南海です。私は2013年9月から1年弱、フランスのパリ政治学院に留学します。
***
自己紹介
初投稿なので、まずは自分のことを少し紹介をさせてください。
  • 名前: 今井南海
  • 所属: 東京大学・国際関係論
  • 留学先: フランス・パリ政治学院 (シアンスポ:Sciences Po, Paris)
  • 留学の方法: 大学の交換留学制度 AIKOM
  • 期間: 約10ヵ月間 (2013年8月半ば~2014年5月頃)
  • 興味分野: 日本の難民受け入れ/ビルマ(ミャンマー)の民主化
***

私の留学
シアンスポでは、広く国際関係論(国際政治や国際人道法)を学びたいと思っています。特に難民・移民の受入れについて学びたいです。
私は高校3年生のときに1週間ビルマ(ミャンマー)に行って以来、ビルマに興味を持っていたのですが、日本の難民認定者の約8割がビルマ人であるということを大学1年生で知ってからは、日本の難民受入れについて学びたいと思うようになりました。
多くの問題をかかえながらも、長く難民・移民を受入れてきた欧州に留学したいと思い、パリ留学を希望しました。自分自身が1年間パリで「外国人」として生活することは、難民・移民受入れを学ぶ何よりの方法かもしれません。フランスの外国人政策が実体験としてよく見えるでしょうし、フランス社会の外国人への態度・対応を身をもって学ぶことができるのではないかと思います。
親元を離れて、母語以外の言語で勉強するというのは、大変なことも多いと思います。そんな環境に身を置けば、人間的にも成長して帰ってこれるのではないかと思います(何事にも誠実に、思いやりをもって行動したいです)。
***

私の留学準備
以下に、私がやった(やっている)留学準備を軽く箇条書きにして紹介したいと思います。
1.事前準備
  • 語学・・・1年前にTOEFL iBT (英語)とDELF(フランス語)を受けました。正直準備不足ではありましたが、留学の選考のために前述ふたつのテストを受けました(もちろん、選考のためだけでなく、語学力向上のためもありますが)。
  • 学内選考・・・うちの大学は、面接がありました。先輩に話を聞いておくと対策ができます。
  • 奨学金・・・経団連の奨学金は、志望理由書の提出と面接がありました。経団連からいただいた100万円はパリでの生活費に充てさせていただくつもりです。
2.直前準備
  • 家探し・・・シアンスポへの交換留学生は、みんな自分で家探しをしなくてはいけません。6月中には契約したいと思います。
  • VISA申請・・・フランスは学生ビザを取るためにcampus france なる手続きを済ませねばならず、時間がかかります。早めに準備すると(気持ちの上でも焦らないので)良いと思います。私は7月頭に、ビザ申請に大使館へ行く予定です。
  • 登録・・・シアンスポのウェブ上での登録も、色々とあって大変です。先輩に聞きながら進めています。

* 語学・・・私は中高時代に少しだけ短期留学に行った経験があるものの、日本生まれ、日本育ちです。1年弱の海外生活は初め てなのでドキドキしています。授業は英語とフランス語で受けますが、フランス語は第二外国語として勉強し始めて2年、日常会話ができる程度です(DELF B1くらい)。フランス語も英語も上達して帰ってきたいです!
*パリ生活・・・私は大学も実家から通っていたので、 パリで初めて親元を離れることになります。とはいえ、友人とルームシェアで2人暮らしなので少し安心でしょうか。ルームシェア自体は、アフリカ(ベナン共 和国)にボランティアに行っていた時に1カ月半の間ホストシスターと同じ部屋で生活していたので、何とかなるかと思うのですが、家事や住宅関係の手続きは 頑張っていかなくては...!
やはり何をするにも、仲間は大切だなぁと痛感します。留学の準備もどれだけ友人に助けられたことか。同じくシアンスポに行く友人たちの適格な助言は言うまでもなく、それ以外の友人の励ましのおかげもあって、何とか準備をこなしています。先輩方のアドバイスも非常に大きな助けになっています。
***

学業面でも生活面でもチャレンジングなことが多いですが、フランス1年留学という神様が与えてくださった素敵な機会、感謝して過ごしたいと思います♪
以上、私の初投稿でした。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!


0 件のコメント:

コメントを投稿